三島さんの芝桜庭園

札幌から2時間で行ける芝桜公園があると聞いてびっくり!

芝桜といえば、道東の東藻琴芝桜公園のイメージがあったので、遠くてなかなか行けないイメージがあったのですが、日帰りで観に行ける距離に芝桜の綺麗なところがあると知って、今年の6月の初め頃に行ってきました。

というわけで今回は倶知安の「三島さんの芝桜公園」についてのお話です。

札幌からJRで小樽に向かい、小樽で函館本線上り倶知安行に乗り換え、倶知安に向かいました。

倶知安駅からは徒歩で「三島さんの芝桜公園」に向かいました。

札幌から小樽へ

朝、札幌8時43分発の小樽行に乗り込み、出発です。

もう少し混んでるかなと思いましたが、意外と空いていました。

小樽に9時28分着。

乗り換えの為にエスカレーターで下に降りて倶知安行の電車のいる4番線に向かいます。

4番線へは、またエスカレーターに乗って上がります。

この時、トイレに行きたくて、乗り換えの時の電光掲示板の写真を撮ることを忘れてしまいました。(^_^;)

北海道の列車の旅は時間が長いのでトイレだけちょっと困ります(笑)。

小樽駅構内のトイレは4番線のエスカレーター上がったすぐのところにあったので行きやすかったです。

トイレは洋式、ウォシュレットはありませんが比較的きれいなトイレでしたよ。

ただ、車イス用のトイレはありませんでした。

ちなみに改札を出たところにあるトイレには車いす用のトイレがあります。

小樽から倶知安へ

電車は2両編成、思ったより大きい電車です。←失礼?

てっきり1両だと思っていたので、ちょっとびっくりしました。

それでも、思ったより混んでいて、トイレになんかに行っていたので危うく座れないところでした。

でも、とりあえずは席を確保できたのでよかったです。

小樽9時38分発、倶知安行きの電車で、出発です。

小樽から倶知安までは

塩谷→蘭島→余市→仁木→然別→銀山→小沢→倶知安

と、駅が8駅しかないのに、所要時間1時間14分も!

都会育ちなのでビックリしてしまいましたが、一駅の長さが長いのでしょうね。

ディーゼル車だからかガソリンのにおいがして、電車に乗り込んだ時、ちょっと咳き込んでしまいました。

でも、いつからか、そのうち気にならなくなりました。

途中、余市で沢山の人が下車したので、席を変えたからかな?

あと、ディーゼルの電車の音が割と大きくて、案内がわかりづらかったです。

倶知安は終点なので特に案内がなくても降りそびれるという事はないと思いますけど、ちょっと気になりました。

電車の旅って、電車が出発すると、なんだかワクワクしますよね。

のんびり窓の外を見ながらお菓子を食べたり。←食べたいだけ(笑)

でも、せっかくの景色なのに、窓が妙に汚くて残念でした。

写真を撮ろうにも、窓の汚れが写ってしまう。

でも見る分には途中からは気にならなくなりましたけどね。

蘭島を過ぎたあたりから海がよく見えました。

余市と仁木の間はさすがりんごやブドウの木(多分そんな感じ)が沢山見えましたよ。

今度はそのあたりに果物狩りに行きたいなと思いました。

自然がいっぱいの車窓です。

母が「トンネルが多いなー」と言っていました。

そうこうしている間に倶知安に到着!

 

(電車、少なっ!)

倶知安には10時52分に着きました。

札幌から乗り換え時間も含めて、2時間9分の所要時間です。

倶知安駅にて

事前に調べておいたのでわかってはいたのですが、この駅にはエレベーターもエスカレーターもなく、またホームと改札が線路を隔てて離れているので、必ず階段を上る必要があります。

道内の田舎の駅はたいていそうだと思いますが、体力のない人には辛いので、残念ではあります。

JRはお金がないだろうから、エレベーターを作るのはなかなか大変だと思いますが、何か良い案を考えて欲しいものです。

私は体力がないし心臓が弱いので階段が苦手で、ちょっとブルーです。

でも、駅を出る為には上らざるを得ないので仕方ありません。

しかも結構急な階段です。

ゆっくりゆっくりのぼりました。

でも、今日は調子がいいのか思ったよりは大丈夫でした。

改札を出る際、駅員さんに、「車いすの人はどうすればいいのか」と質問しておきました。

駅員さん曰く、駅には車いすの昇降機があるとのこと。

ただ、駅員の少ない時間(朝早くとか夜遅く)は無理なんだそうです。

無理ってどうなの?って感じですが。

あとは、時間がかかるので、時間に余裕を持っておいてほしいとのことでした。

とりあえず一応車いすの人でも駅が使えるようで少しだけ安心しました。

駅を降りて、倶知安駅でもトイレに行ってきました。

トイレは洋式、ウォシュレットはなしです。

ぼちぼち綺麗なトイレかな。

誰もいなかったし、写真撮ってくればよかったなーと今更ながら思っています。

あとは、ここも車イス用のトイレはありませんでした。

でも、近くにA-COOPがあって、お昼のお弁当を買いに行ったのですが、A-COOPのトイレは凄く綺麗でした。

ウォシュレットもあったし、今度倶知安に行ったらA-COOPでおトイレを借りようかな。

ここには勿論車イス用のトイレもありましたよ。

倶知安の駅の話に戻りますけど、小さな駅なのに構内と駅の外に喫煙所があり、喫煙所多過ぎ!って思いました。

でも誰もタバコ吸っている人がいなくて良かったですけど。

それと。

なんと、倶知安駅前の写真を撮り忘れるという失態。

時々写すのを忘れてしまっています。

というわけで、駅前のお写真お借りしました。

駅前はこんな感じです。

いざ、三島さんの芝桜庭園へ

駅前にはタクシーが結構停まっていたので、しんどい人はタクシーを使うのも一つの手ですね。

あと、町のバスも近くまでは走っています(後述します)。

私は歩いて芝桜公園まで行きました。

所要時間はそんなにかからないし(だいたい15-20分くらい)、お天気が良かったこともあり、気持ちよく散歩気分で目的地まで歩けました。

途中、写真をとりたくなるところが何箇所かあったので、写真を撮りつつ、のんびり歩きました。

ただ、坂道が多く、人によっては少しきついかもしれません。

駅を出て左の方向に向かって歩いていくと、すぐのところに「日本一の水」が出てくる水飲み場がありました。

顔の形をしていて、超可愛いのです。

名前は「ジャガ太くん」といって、倶知安町のイメージキャラクターなんだそうです。

水を飲んでみましたが、正直なところ「日本一の水」なのかはわかりませんでした(笑)。

でも、母は「美味しい」と目を輝かせていましたので、日本一かどうかはさておき、きっと美味しい水なんだと思います。

そのまま進むと、さっき書いたA-COOPが左手にあります。

更にもう少し進むと道路に突き当たるので、そこを左に曲がります。

そして、まっすぐ進んで線路をわたります。

左前に山が見えて凄く綺麗でした。

更に進むと川があって、その橋を渡ります。

何気ない川だけど、綺麗です。

また写真をパシャり

この辺りから坂がきつくなってきます。

坂を上っていくと、「ニセコ旅たびつむぎ」というペンションを過ぎて、もう少し進んだところを右に曲がります。

目印は「二世古酒造」さん

 

曲がってすぐのところにあります。

でも、この時は人がたくさんいて、みなさん芝桜庭園に向かわれていたので、ついていけば簡単でした。

私が行ったのは平日だったのですが結構人がいましたし、見頃の時期はいつもこんな感じなのかもしれませんね。

ここから、また坂道です。

そして、坂を上がりきると見えてきました!!

三島さんの芝桜庭園

圧巻の景色です。

すっごく綺麗です。

ただ、「わー、きれーい」と思った瞬間、近くに車が何台もあって非常に残念だなーと思いました。

せっかくの景観がだいなしです。

来る道すがら、何箇所か駐車場があったので、そこに停めて欲しいと思います。

景観が損なわれてしまうから、やめてほしいです。

それでも芝桜は凄く綺麗でしたよ。

 

個人のお庭とは思えないスケールで、本当に凄く綺麗でした。

また羊蹄山ともマッチングしていて、お互いの良さが引き立たされているようでした。

ウエディング姿の方がいて写真を撮っていました。

ちなみに、三島さん、トイレも提供されていらっしゃるようで(多分ですけどそんな感じでした)、ビックリです。

お庭を無償で見せてくれるだけでも親切な方だなと思っていましたが、その上、トイレまで貸してくださるなんて、なんて親切な方なんだろうと思いました。

わんぱく公園によってみた

帰りは「二世古酒造」さんのところ辺りまで戻り、来た道の逆側にいって、「わんぱく公園」に行きました。

行きの道で右に曲がったところを曲がらずにそのまま進めば、ほんの少し歩いたところの左手に「わんぱく公園」というところがあるのです。

そこでお昼ご飯を食べました。

何気に景色が綺麗です。

さっき少し書きましたけど、駅からのバスに乗るとこの「わんぱく公園」で下車することになります。

この「わんぱく公園」までバスが走っているのです。

バスは三島さんのところまで行ってくれるわけではないので、このバスを利用すれば、ほんの少しだけ楽って感じです。

でも、そこから少しバックしないといけないし、そこからも坂があるので、歩いて行くか、もしくは最初からタクシーを利用した方がいいのかなと思います。

来た道を戻り、母が旭ヶ丘総合公園の「くとさんパーク」というところに行きたいというので行ってみました。

公式サイトから入手した地図に「季節に移ろう羊蹄山やニセコアンヌプリの美しい山並みを眺めることができます」と書かれていたからです。

でも、行き道で見かけたところでしたし、言うほどの場所でもなくて残念。

普通に綺麗なんですけど、建物や電線が目立って残念でした。

別に「くとさんパーク」でなくてもいいって感じです(笑)。

倶知安の街はどこからで山並みが見れて綺麗です。

倶知安駅に戻ってきました

思ったより早く倶知安駅に着いてしまったので、予定より1本早い電車で帰ることにしました。

階段上るのが凄く遅いので、電車に間に合わないかが不安で、ちょっと早く改札したかったのですが、駅員さんに止められてしまいました。

事情を話したのですがダメで、改札してはいけない理由も説明してもらえず。

電車には乗らないでいいから、ただ階段をゆっくりのぼりたかっただけなのに。

「他の人も同じですから」って、それじゃ意味ないし。

「遅くても電車に乗るまで待ってるから大丈夫ですよ」とかだったらわかるけど、何それって感じです。

「人の話聞いてた?」って、ちょっとイラってしてしまいました。

優しくない駅です。

とりあえず電車には間に合いましたけど、案の定、一番最初に入った私がびりでした。

芝桜が綺麗だっただけに、ちょっと残念でした。

小樽で途中下車

往復券を購入していましたが、聞いてみると途中下車も可能とのこと。

せっかくの時間がもったいないので、帰りは小樽で途中下車しましたよ。

私は小樽が好きなので、ちょっとでも寄りたくて途中下車して、駅前の「エキモルタオ」でお茶して帰りました。

ケーキ、美味しかったです。

このお店、一応イートインもありますが、カウンターに5席あるのみで、基本的にはテイクアウトのお店です。

本当はもう少しちゃんとしたお店に入りたかったのですが、急きょ来たので良いお店(禁煙のお店)を見つけられずで、「エキモルタオ」にしました。

ここは完全禁煙のお店なので安心して食べられました。

小樽のカフェは喫煙、もしくは分煙(たいてい不完全分煙)のお店が多いので、困ります。

駅前のお店なんて、大きな字で「タバコ吸えます!」とでかでかと書いてあって、呆れてものも言えない状態でした。

まだまだ 意識の低いお店が多いです。

まとめ

その後、16時半の札幌行きの快速エアポートにのって、帰路に着きましたとさ。

車窓の写真です。

石狩湾が綺麗です。

疲れたけど、今回も楽しい旅でした。

帰って万歩計をみたら1万歩超えていました。

よく歩いたなー。

次はどこ行こうかな。

また次が楽しみです。

ではまた次回。(^_^)/~

三島さんの芝桜庭園詳細

住所:北海道虻田郡倶知安町旭51

芝桜開花時期:例年5月下旬~6月上旬(開花状況はこちら

バリアフリー情報まとめ

札幌駅:エレベーター、多目的トイレ、ウォシュレットあり

小樽駅:車いす対応エスカレーター、多目的トイレ(構内にはなし)

倶知安:特になし

わんぱく公園行きのバス

まちなか循環バスじゃがりん号 旭ヶ丘経由

乗車料金:大人100円(中学生以下は無料)

詳しくはこちら

エキモ ルタオ詳細

小樽市稲穂3丁目9番1号 サンビルスクエア1F

問合わせ先:0134-24-6670

アクセス:JR小樽駅より徒歩1分

定休日:なし営業時間:10:00~19:00(季節によって変更あり)

今回かかった全費用

札幌から倶知安までのJR運賃:往復3680円(母と二人なので7360円)

ランチのお弁当代:約1500円

小樽でのお茶代:約1600円

総額:約10460円

ランキングに参加しています。投票お願いします。(*^人^*)


北海道ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク